ABOUT GTIC Global Techno Innovation Cafe

Logo200x200

GTICとは、ベンチャー関係者が集まる会合であり、ベンチャーの「エコシステム」の実現の場です。「エコシステム」とは、ベンチャー企業、大企業、投資家、弁護士、会計士、証券会社、ベンチャーキャピタルなど、関係者が有機的に集まり、より能動的にベンチャーを育てられる仕組みです。

GTICはGlobal Techno Innovation Cafeの頭文字をとっています。Cafeとしたのは、全く新しい発想の破壊的イノベーションを生み出しやすい環境として、堅苦しくない、Tシャツ、ジーンズで仕事をするアメリカ西海岸のようなカルチャーが良いと考えたためです。

GTICのメンバーは職業だけでなく、国籍も多様です。欧米だけでなく、アジア、イスラム圏出身メンバーもいます。GTICの参加者は吸収するだけでなく、何かあれば情報を提供するなど、ギブアンドテイクの姿勢を持った方が集まります。例えば、技術提携できるものはないか、資金調達をしたいけどもよい所はないか、法律相談をするには どの弁護士がべンチャー周りに詳しいかなど、様々な疑問に対し、少しでも提供できるものを持って参加して頂いています。評論家にととどまらず、こうやって皆一人ずつが当事者意識をもって実際に行動していくと、ものすごく大きい流れが生まれるはず、と考え、GTICでは、参加者の質を担保するため、招待制としています。

GTICはリアルに人が集まることによる価値を大切にしています。例えば、Webにはでてこない、起業時の苦労話や裏話など、当事者でしか知り得ない知見を共有できることなどです。有益な情報を提供してくれるプレゼンターのために、GTICでは、内容によってSNSによる情報発信禁止とすることがあります。

MEMBERSHIP

Membership

GTICでは登壇者と参加者間、また参加者同士においてもGTIC内での情報を安心して相互に交換できる場をStartup業界のプレーヤーの方々に提供するため、事前紹介制・事前招待制によるメンバーシップ制を取っております。そのため、初参加の方には事前にGTIC幹事へfacebook 上での申請とともに自己紹介をお願いしております。

GTICの中でしか聞けない価値の高い内容を参加者の方々全てにご提供するべく、登壇者からの意向があればプレゼンの個別具体名や数字などについてSNS等への投稿をお断りする、という措置も取らせてもらっております。

逆に自社のサービスを大々的に告知・宣伝したい、という登壇者の希望の場合には拡散を参加者の皆さんにお願いしたり、メディア記者の方々への紹介も行っております。

CONFERENCE(本会)

Conference

スタートアップの代表者、上場に成功したベンチャー企業の創業者、VC(Venture Capital) や、CVC (Corporate Venture Capital)の代表者などによる、ネット上や新聞などメディアなどでは入手できない掘り下げた内容までのプレゼンテーション、パネルディスカッションをして、登壇者とだけでなく、参加者同士も含めた、腹を割ったディスカッションができる「場」を都内で毎月2回ずつ提供しています。

WORKSHOP(分科会)

Workshop

不定期でビジネスマンに役立つ勉強会を開催しています。

これまでの開催実績

第57回  海外のグローバル企業から見た日本
第55回  非エンジニアのためのプログラミング講座
第53回  すべては伝える力から〜今日からできる表現力UP術
第47回  9割の体調不良は、姿勢で良くなる
第45回  実践!モノを生み出すための3Dデータの作り方 〜3Dプリントの概要から3Dデータの作成まで(参加者の皆さんに実際に作成してもらいます〜
第39回  できるビジネスパーソンのための姿勢改善 〜通勤 外回り&デスクワーク〜
第37回  バングラデシュのIT事情と日本との相互ビジネス展開について / バングラデシュのハイテクパークの御紹介 / 外資系企業によるバングラデシュでのビジネス機会
第32回  クラウドファンディングの種類、法規制とその実例について / Silicon Vally Innovation Program(シリコン・バレー進出支援プログラム) / 資本性ローン制度について
第30回  知っているようで知らないワインマナーのワークショップ
第28回  為末大氏によるプレゼン / パネル・ディスカッション
第25回  英文resumeの作成法 / パネル・ディスカッション
第23回  Elevator Pitch in English / パネル・ディスカッション
第21回  LinkedIn実践編 / Elevator Pitch in English
第19回  商標の基礎 / 自分でここまでできる商標調査から商標出願まで / 企業が商標登録をする理由
第17回  LinkedIn活用方法をリンクトイン・ジャパン社の講師から直接学ぶWorkshop
第12回  Linkedinの英語での使い方を英語で学ぶ勉強会


また、上の会合に加えて、2014年からは 実践英語セミナー「知識の泉」も、開始。 毎月、毎回英語に関するプロの方々(通訳者、同時通訳者、大学教官、130冊超の英語学習書を出版してきた人気作家、英語によるプレゼン講師、元NYの大手ファッション会社の広報だった方などなど)を講師にお迎えして開催しています。

第146回  『一流ビジネスパーソンが無意識にやっている 英語でプレゼン・スピーチ』のノウハウをお伝えします
第22回知識の泉  『世界トップリーダー1000人から見えてきた成功の条件 —マル秘テクニックをお伝えします!』
第21回知識の泉  第45代 米新大統領Donald Trump氏の行動を氏のTwitterから直接(和訳からではない)英語で読み解く
第20回知識の泉  日本人が間違いやすい和製英語 vs Native の定番表現
第19回知識の泉  『イギリスのEU離脱"Brexit"を3時間で全解説!』
第18回知識の泉  (前半):外部テストを活用した実践英語のスキルアップ術 (後半):アメリカ大統領選から、G7やオバマ大統領の広島訪問まで
第17回知識の泉  『世界標準英語』 ~そろそろ、「英語マニア」を卒業して『グロービッシュ(Global English)』を習得しませんか?~
第16回知識の泉  NYで現地採用されたアメリカの大企業でサバイブした「実践英語」をお伝えします!!
第15回知識の泉  『社内英語 vs. 社外英語』
第14回知識の泉  英語で「提案」と「苦情」を成功させる!
第13回知識の泉  『日本人が間違えやすい英語表現』 ~e-Mail 表現も含めて~
第12回知識の泉  接待英語・飲み会英語 第2弾 〜外国人のもてなし方から和食の説明まで〜
第11回知識の泉  『英語の敬語』×『英語らしい伝え方のロジック』
第10回知識の泉  「英語で接待(その1)」~文化の違いも踏まえて~ (ワイン・マナーを中心に)
第9回知識の泉  『実は危ない日本的ジェスチャー表現』
第8回知識の泉   『危ない英語』~痛い表現~
第7回知識の泉  ファシリテーション・イングリッシュ(その2 実践演習)と婉曲表現(その1)
第6回知識の泉  『マーケティング手法を応用した英語ピッチシナリオの作成』 ~英語による、自分の動画resumeを作ろう!!~
第5回知識の泉  Facilitation English ~多人数での会議や、議論の時の英語~
第4回知識の泉  134冊書いて見えてきた英語学習法とは?
第3回知識の泉  Practical English : プレゼン時の英語(後編)
第2回知識の泉  Practical English : プレゼン時の英語(前編)
第1回知識の泉  ~ English for the Networking Party~

RECEPTION

会議の後はビールと軽食を片手にプレゼンター、参加者が歓談します。

GTICでは、第1回イベントから一度もかかさず、ムスリムの方が来ても安心して、食事ができるように、Halal料理を懇親会に必ず、用意しています。

そのような背景もあり、バングラデシュから政府高官や、経済界の代表団が来日した時も、GTICで講演をさせてもらいたい、と依頼が来ました。

※ハラル(HALAL)とは、イスラムの教え(シャリーア法とイスラム原理)で許された、「健全な商品や活動」全般を指し、イスラム教徒(ムスリム)は原則ハラル料理以外を食することを許されていません。 GTICでは、正式にハラル認証を受けた店舗からハラル料理を注文し、提供しています。

User Type

GTICの特徴は、参加者の多様性です。

「分野・国籍・年齢問わず」を基本理念とし、
様々な職業、幅広い年齢層、多様な人種が盛んに議論しあう「場」を提供しています。


参加者の職業

Zokusei




参加者の年齢

Nenrei


各国からの参加者

アメリカ

カナダ

中国

台湾

香港

韓国

フィリピン

ベトナム

タイ

インド

チュニジア

ロシア

イギリス

フランス

ベルギー

ウズベキスタン

ハンガリ―

メキシコ

バングラデシュ

シンガポール

マレーシア

新疆ウイグル

ポーランド