Logo200x200

よりオープンに、よりグローバルに、よりイノベイティブに、
ベンチャー、起業、スタートアップ、イノベーションを考えよう!

More open, more global, more innovative!
Let’s think about the Venture, Startup, Innovation , regardless of field, Age, Nationality !


最新イベント情報

詳細はこちら

Total Event Date Presenter Title
第153回 第153回 本会 2019-08-02 株式会社ビットメディア
代表取締役社長 高野 雅晴 氏
『ビットメディア流、本業として取り組むSDGsテック・ビジネスとは』
ビットメディアは約20年、社会の自律分散(P2P)化を促すICTソリューションを一貫して開発・提供してきました。 現在、以下の三つのプラットフォームを主軸にビジネス展開しています。 ・SmartPower(エネルギー×IoT) ・ShareCast(映像メディア×AI) ・EcoCa(エコポイント×仮想通貨) これらは、SDGsが制定された2015年以前から提供してきたプラットフォームですが、昨今のSDGsの機運を補助線として活用し、グローバルなSDGsテック・ビジネスに飛躍させるべく推進しているプロジェクトの一端をご紹介いたします。
トヨタAIベンチャーズ
コーポレート・ディベロップメントVP(元TRIチーフリエゾンオフィサー) 小早 康之 氏
『トヨタがシリコンバレーに10億ドル(約1100億円)を投じ、 2016年にトヨタ・リサーチ・インスティテュート( TRI)設立。設立時からチーフ・リエゾン・オフィサーとして活動してきた小早氏がその背景やイノベーション創出の未来戦略について語ります。』
AI・自動運転・ロボティクス技術の先端研究所として2016年にTRIを設立、 MIT、ミシガン大学、スタンフォード大学と連携研究を行う。 CEOには米国防総省国防高等研究計画局(DARPA)で長年ロボットや自動運転車の研究の第1人者ギル・プラット 氏を起用。 2017年にはTRIの子会社としてトヨタ初のベンチャー投資ファンド、トヨタAIベンチャーズを100億円で設立(現在100億円で Fund 2 を追加設立)。2年間でJoby(空飛ぶタクシー)やMay Mobility(自動運転シャトル)など有望ベンチャー企業22社へのスピード投資を実現。トヨタ本社から独立した経営でシリコンバレーの超一流人材を採用しイノベーションを起こす基盤づくりの実体験をMITの出身でもある小早康之氏がご紹介します。

CONFERENCE (本会)

毎月都内でベンチャー企業によるプレゼンテーションを開催しています。


WORKSHOP (分科会)

不定期でビジネスマンに役立つ勉強会を開催しています。


知識の泉

海外時事を通して実践英語を学ぶパネルディスカッションを開催しています。


懇親会

会議の後はビールと食事を片手にプレゼンター、参加者が歓談します。